no more than/no less than の宇宙一わかりやすい解説

比較の構文no more than / no less than が分からないという人、多いですよね。

でも実はこの構文、ちょっとしたポイントを押さえればすぐに理解できるし、忘れることもありません。5分ほどで読める記事なので、パパっとクリアしてしまいましょう。

比較級に【程度】を加える

この記事を読んでいる人は比較の基本はわかっていると思います。

My father is older than my mother.
(父は母より年上だ)

みたいな文です。

ではこの文を「父は母よりずっと年上だ」という意味にするにはどうすればよいでしょう。

そうですね、

My father is much older than my mother.

となります。このように

比較級の前に程度を表す語句を入れると比較の程度をより詳しく表すことができます。

My father is a little older than my mother.
(父は母より少し年上だ)

My father is five years older than my mother.
(父は母より5歳年上だ)

のような言い方もできますね。

“no”の意味、分かってますか?

察しの良い方はもう90%ぐらい理解されたのではないかと思います。

no more than/no less thanの構文は、普通の比較級の前に”no“が入っていますね。

ということは、”no“の意味さえ分かってしまえばこの構文はオシマイなんです。

ここでは”no“の意味を2つの角度から見てみましょう。

I have no money.

まずは次の2つの文を見てください。

【A】I have no money.

【B】No student could answer the question.

さて質問です。

【A】の文で、「私」は何円のお金を持っていますか?

【B】の文で、質問に答えられた生徒は何人いますか?

そうですね、

【A】は「0円」

【B】は「0人」です。

“no”は数字の「0」を表します。

He is no fool.

“no”の次のような使い方を知っているでしょうか。

【A】He is no fool.
(彼はバカどころではない/バカだなんてとんでもない、むしろ賢い

【B】That is no easy task.
(それは決して簡単な仕事ではない/難しい仕事だ)

“no”には後に続くものを強く否定し、反対の意味を暗示する用法があります。

“no”の用法まとめ

次の項目に行く前にこれを押さえておきましょう。

“no”は数字の「0」を表す。
“no”は後に続くものを強く否定し、反対の意味を暗示する。

no more than / no less thanは楽勝!

さぁ、ここまでくればあとはもう楽勝です。

no more than / no less thanのよくある例文を見てみましょう。

【A】I have no more than 10,000 yen.

【B】I have no less than 10,000 yen.

【A】【B】の文で「私」が持っているお金はそれぞれいくらでしょうか。

そうです、

【A】【B】どちらも持っているのは10,000円です。

それより多くも少なくもありません。

“no” = 0

【A’】I have more than 10,000 yen
なら10,000円より多くのお金を持っていることになります。同様に

【B’】I have less than 10,000 yen
なら10,000より少ない額のお金を持っていることになります。

これらの比較の程度として“no”=0 を使っているわけです。
つまり10,000円と全く同じ、というわけですね。

“no”で強い否定、逆の意味を暗示

【A】I have no more than 10,000 yen.

【B】I have no less than 10,000 yen.

【A】【B】ともに持っている金額は10,000円ですが、

それぞれの文の持つニュアンスはかなり異なります。

【A】では”more”(より多い)を強く否定することで、

10,000円というのはかなり少ない額だ

ということを暗示しています。同様に

【B】では”less”(より少ない)を強く否定することで、

10,000円というのはかなり多い額だ

ということを暗示しています。

【A】【B】をそれぞれに日本語にするとどうなるでしょうか。

【A】私はたった10,000円しか持っていない。
(I have only 10,000 yen.)

【B】私は10,000円も持っている。
(I have as much as 10,000 yen.)

となりますね。

not more than / not less thanは?

no more than / no less thanとよく同列で語られる項目に

not more than / not less thanがあります。

正直これらはわざわざ説明するまでもないかな、と思っていますが、

混同してしまう人も多いので簡単に解説しておきます。

not more than / not less thanは、それぞれ

more than / less thanの単純な否定です。

【A】Not more than ten people came to the party.

【B】Not less than ten people came to the party.

【A】【B】でパーティに来た人の数はそれぞれどれくらいでしょうか。

not“は単純な否定なので、

【A】では10人以下、

【B】では10人以上、ということになります。

それだけですね。

特に暗示する意味もなく、文字通りの意味です。

終わりに

いかがだったでしょうか。

難しいと思い込んでいたno more than / no less thanも、

分解して考えれば簡単ですよね。

これからも記事を充実させていく予定ですので

ときどきチェックしてみてくださいね。

例文の一部はこちらから拝借しました。

ジーニアス英和辞典 第5版 | 康世, 南出 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで康世, 南出のジーニアス英和辞典 第5版。アマゾンならポイント還元本が多数。康世, 南出作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。またジーニアス英和辞典 第5版もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

コメント

タイトルとURLをコピーしました